ラスキーちゃん!
マロニーちゃん!
こんなクリスマスは絶対にイヤだ!

  ラスキーにサンタクロースの格好をさせて遊ぶ。!(^^)!

 サンタクロースの格好をしたものの行くところがない!
 
   七面鳥の代わりに王将のから揚げを頼む。

 自分あてにクリスマスカードを贈る。

 クリスマスを寝過す。

 クリスマスの日だけ停電する。
 
 クリスマスの日を間違えた。


 サンタクロースの物まねの仕方がわからない。

 今度は、ラスキーにトナカイの格好をさせてみた。 

 クリスマスの日だけスマホの壁紙を ゆうこりん にしている。

 クリスマスなのにおもちを食べている。

 一生懸命、ラスキーにクリスマスの説明をした。

 洋画の翻訳で「ロバート イヴの日は、やっぱりナンシーと
 過ごすのかい」というフレーズがよくでてくる。

 クリスマスとは関係ないが、チビクロサンボで、トラが
 回っているうちにバターになる話は嘘だ。

 クリスマスの日は、いつもよりフライデーされないか
 気をつけている。

 もし可能なら、クリスマスはAKBではやめた川栄と
 過ごしたいと思う!

 彼女が、寒さをこらえて編んだセーターが太って入らなかった。

 ♬僕の髪が肩まで伸びて君と同じになったら、約束通り
  街の教会で結婚しようよ・・・♬ の歌の歌詞は、
  彼女も髪が伸びるので、一生長さは同じにならない"(-""-)"
  
 一度、矢沢のサンタクロースの格好が見てみたい。

 クリスマスイヴの日に 別れのメールがラインに届く。

 七面鳥がかわいそうだとは思わないのか??

 見つめあっているカップルの歯に青のりがついている"(-""-)"

 毎日会ってるくせに、「クリスマスくらい恋人といたい」と
 言っている。

 小枝チョコレートを両端から食べ始め、彼女の唇に
 触れる直前に「小森のおばちゃまってしんだんやなあ」と
 聞き、ふられてしまった"(-""-)"

 クリスマスの日、たまにカラオケが全室
 安室ちゃんの Can you celebrateにそろうことがある。

 今年のクリスマスにかける想いは、ひとしおだ。

 クリスマスプレゼントを今まで、もらったことがない"(-""-)"


 河原町OPAの前でサンタの格好をして
 ROUND ONEでGETしたキティーちゃんを笑顔で
 配りまくる。

 楽しそうに過ごしているカップルに
 「どうせ来年わかれてるわ」といいそうになる。

 人にわざと聞こえるような声で、「じゃあ、
 ホワイトクリスマスになったらここで会おう。」と
 スマートフォンを切り、家にかえって必死に雪ごいをする。

 いかにも恋人との待ち合わせに遅刻するような
 格好で走って、吉野家に飛び込む。

 日付変更線から逃げてクリスマスを避ける。

 ケンタッキーを一月前から予約する。

 「クリスマスなんて大嫌い!」とパルルの顔をしてつぶやく。

 クリスマスの日だけ出家する。

 「クリスマスなんか外国の行事やん!」と意固地に
 なって自分に言い聞かせる。

 クリスマスは来年のお盆と一緒にすることにした。

 夢に出てきそうなものすごくかわいい女の子から
 プレゼントが届いたがやっぱり夢だった。

 クリスマスを知らないラスキーと同情しあう。

 頼んでいたクリスマスケーキを取りに行くと、
 「彼女と二人で食べるんか?」とひやかされ躊躇なく
 「うん"(-""-)"」と答えた。

 クリスマス当日、朝起きるとラスキーの口の
 周りに生クリームがついていてあわててケーキを
 見に行くと箱だけになっていた。

 「クリスマスこそイルカに乗って過ごしましょう」と
 もくされた、城 みちる オンステージに一人で行って
 気を紛らわす。

 クリスマスLOVE LOVE写真という題の空の
 CD-Rを目立つようにつくり見ようとする人に、
 恥ずかしそうに「あかんって。」と言う。

 車の中でゆっくり物思いにふけって倉木 麻衣の
 サイレント ラブを聴いてたら音が飛んで
 すぐに終わった。

 クリスマスの日に間違って年賀状が届く。

 ネットでクリスマス ひとりぼっち 男性 京都・・・
 と絞っていくと最後に自分だけがヒットした。

 きっと今ラブラブなんに違いないといやがらせの
 ために電話を入れて長電話したろと携帯にかけたら、
 むこうのラブラブぶりに持ちこたえられなくなって
 こっちから切った。

 クリスマスの日にわざとおなかをこわし、
 「ああっ、いっぱいデート誘われたけど
 腹こわしてしもて行けへんかったんや!」と後で
 言えるようにしておく。

 クリスマスの日におおそうじをする。

 早くも来年のクリスマスの過ごし方を考える。

 やっぱり、いつものようにラスキーと過ごす
 クリスマスが一番いい

                                    
                                                            上に戻る